心が寂しいとき、どうすれば良いの?心の穴の埋め方は?

公開日: 

Woman stands in praise before a beautiful night sky.

人は、幸せを感じたいがために、足りないものを満たそうとします。

足りない何かを求めます。

なんとか足りない何かを手に入れると、一時的な幸福感を感じます。

しかし、その幸福感は時間と共に去って行きます。寂しさを感じます。

そして、また、幸せを感じたいがために、足りないものを満たそうと、足りない何かを求めます。

エンドレスの自分を満たすループを繰り返します。

いつも心に寂しさを感じ、心の穴を埋めようとします。

また、自分の欠乏感を埋めてくれるものを手にした場合は、それを失わないようにと守ることに必死になります。

守ろうすれば、失うことへ不安をも背負うことになります。

スポンサーリンク

寂しい時、どうする?

地球人よ、

そろそろ気付こう!!

幸福感や充実感は、足りない何かを埋めて得るものではないということを。

心の穴というのは、人として生まれ時点で空いているもので、埋めることはできません。

心の穴は空いていて完全です。埋める必要もありません。

人は寂しい気持ちを抱く生き物です。

孤独を感じる生き物です。

それは、それで良いのです。

感じるままにするば良いのです。




[PR]ココロパレル

寂しさを感じたら、そのままにしてみてください!!

「心の穴を埋めようとするのをやめてみませんか?」

「足りない何かを求めるのをやめていませんか?」

「欠けている自分を満たすのをやめて見ませんか?」

「幸福を探すのをやめてみませんか?」

人は心の穴を埋めることをやめた時、本当の幸せを感じることのないループから抜け出すことができます。

なら、本当の幸福ってどこにあるの?

その答えは、

『今、ここにあります。』

今という瞬間に意識を置くことです。

今自分が持っている全てに感謝することです。

命、空気、住処、布団、食事、服、少しのお金、一緒にいる人など、今自分にあるものへ意識を向けることです。

そして、あるものに感謝することです。自分が持っていないものへ意識を向けて、何かを満たそうとしないことです。

心の穴は感じれば良しです。

自分の心の穴は、

「どんな形なの?」

「どのくらいの大きさなの?」

「いくつあるの?」

イメージの手で触ってみて下さい。

優しく撫ででみて下さい。

不思議と欠乏感が和らぐと思います。

心の寂しさは感じれば良しです。

「寂しい気持ちって、こんなだーー」と感じれば良しです。

心の寂しさを埋める必要はありません。

足りない何かで自分を満たすのをやめた時、新しい次元の扉が開きます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑