自分に起こる事の原因は、己の内にあり。他人を咎めてはいけない。

公開日: 

1357599443
今は、

とにかく、

「意識を内に入れる」

ということを徹底しています。

自分の周りで起こることに対し、直接的に意識を向けるのではなく、自分の内側からみるようにしています。

もうちょっと具体的に言います。

自分に問題事が発生したとします。

例えば、人間関係のトラブルです。

その時に、相手のAさんに原因を探すのではなく、自分の内側に原因を探します。

「今起こっていることから、自分は何を学んでいるのだろう?」と自問自答をしてみます。

すると、本当の原因が見えて来ます。

現実的にはAさんに原因があったとしても、それを起こしている本当の原因は自分の内側にあります。

部下がミスをした場面なんかもそうですね。

得意先に多大な損失を出させたとします。

現実的にみれば、部下に問題があります。

しかし、その時に部下を咎めるのではなく、自分の内側へ意識を向けます。

すると、自分が「人を許すという学びをしている」と気付いたりします。

部下にだって言い分があると思います。

そこに気付かずに部下を咎めれば対立を生んでしまいますが、自分の学びに気付いた上で注意すれば、部下が身に染みて理解したりします。

対立ではなく、調和が生まれます。

その後、部下は改心して、著しい成長を見せたりもします。

スポンサーリンク

自分の内側に原因を探す習慣を身に付ける

僕のような出来の悪い人間でも、繰り返し繰り返し実践していると、少しずつ内側に原因を探すというコツが分かってきます。

外側に見えるものは幻です。

自分の内側の投影でしかありません。

その思考をしっかり腑に落とすことがポイントだと思います。

「あれが悪い…」「あれが間違っている…」「あいつが悪い…」というように、自分の外側に原因を見出していると、本当の原因が見えません。

本当の原因が見つけられないどころか、「あれが悪い…」「あれが間違っている…」「あいつが悪い…」という怒りや咎めの想念が、さらに悪い状況を引き寄せます。

本当の原因は、自分の外側ではなく、内側にあります。

まず、自分の心を洗うことです。心を掃除して、悪い想念を掃除します。

それ有りきです。

自分の想いを外側へ主張することは、とても大切です。

どんどんすべきです。

しかし、悪い想念と共に主張すれば逆効果です。

せっかく、まわりを良くしようという高い志を抱いても、逆の結果を生みます。

僕は出来が悪い地球人だから、特にここに気を付けています。

毎日、洗心です。

まとめ、

全ては自分の内側の投影に過ぎません。

因果応報です。

外側を変えたければ、内側を変えることです。

他の方法はありません。

内側を変えると不思議なことが起こます。

外側も自然と変わっています。

周りで起こっている問題も解決します。

問題事を解決して、自分を高める秘訣です。

もっと言えば、神と繋がる秘訣です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑