生きる目的は何か?生きる目的が分からない?その答えは…

公開日: 

人間誰しも「何のために生きているのだろう?」と考えることがあります。

家族の幸せのため?

お金持ちになるため?

恋人と幸せな時間を過ごすため?

海外旅行へ行くため?

天職を見つけるため?

社会のため?

人の役に立つため?

夢を叶えるため?

最近思うことは、上に挙げたような目標へ向かって行っても、どこかで「生きる目的は何か?」「生きる目的が分からない…」という状態になるということです。

生きる目的は何か?

この答えも、最近検討が付いてきました。

生きる目的とは、

ズバリ、「今」を生きることです。

今、この瞬間を生きることです。

神様から与えられた今の環境を全て受け入れて生きることです。

そして、与えられていない環境を欲しないことです。

生きる目的とは、これに尽きると思います。

「死」を迎えるまで「今」を生きることです。

スポンサーリンク

多くの場合、人は快楽を求めて生きます。もしくは、将来の不安を解消するために生きます。

また、充実感を求めて生きる方もいます。

快楽を体験しても、また次の快楽を求めるようになります。

不安を解消しても、また次の不安と戦うことになります。

これ終わりがありません。エスカレートするだけです。

充実感を求める志の高い人もいますが、、充実感は求めれば逃げます。

そうではなくて、「今」を生きることで、快楽も追わなくなるし、不安も感じなくなります。

自然に充実感を得ることができます。

ここに人間が目指すニュートラルポジションが存在します。

自分をニュートラルポジションに持って行くには、洗心しかありませんね。

我を折り、宜しからぬ慾を捨て、心配ごころを起こさないように心掛けることです。

徹底的に自分を心の掃除します。

自分の心を掃除することで、ニュートラルポジションへ入ることができます。

後は、天に委ねることです。

そして、降りてきた課題をこなすことです。

そうしたら、また天に委ねてみる。

降りてきた課題をこなす。

この繰り返しです。

これぞ、神道の生き方です。

カムナカラの生き方です。

最後に、四句御箴言を紹介します。

四句御箴言を心がけると、自然と生きる目的が分かってきます。

あるがままに生きれば良いと分かってきます。

■四句御箴言■

与えられたことを感謝して受けよ
与えられぬことを感謝して受けよ

与えられたことを拒むこれ欲なり
与えられぬことを欲するこれ欲なり

まとめ、
生きる目的とは、与えられたことを感謝して生きることです。そして、与えられぬことを感謝して生きることです。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑