神様と繋がる方法、神様と繋がる神社めぐりの秘訣は?

公開日: 

今回は神様と繋がる方法を紹介します。

まずは、これを言っておきます。

人間は全員が神様と繋がっています。

宇宙創造主と繋がっています。

内なる繋がりです。

神様と繋がっていない人は誰もいません。

どういうことか?

人間には自我と真我があります。

(呼び方は色々とありますが、どれでもOKです)

自我は生活する意識のことです。

そして、真我は潜在意識と言っても良いです。

そのぜんざい意識の深い部分で神様と繋がっています。

神様に見守られながら24時間365日を過ごしてします。

なんだか知らないけど、口にした言葉、

なんだか知らないけど、行ってみたい場所、

理由は分からないけど、これが欲しかった。買っちゃった。

などは、結構、神様からのサインだったりします。

スポンサーリンク

現実で神様と繋がるには…

とはいえ、現実的に、もっと神様を近くに感じたいと思う方も多いと思います。

神様と繋がって、直接メッセージを受けたり、対話をしてみたいと思うかも知れません。

神様と繋がる方法を紹介します。

その秘訣は「神様と繋がる必要はない」という意識レベルに到達することです。

精神を磨くことです。

洗心することです。

“困った時の神頼み”という言葉がありますが、多くの人は神様に助けてほしいと思っています。

まず、ここから改善することです。

試練や逆境は自分の力で乗り越えて行くものです。

試練や逆境を乗り越えることで、自分の波動を高めることができます。

これぞ、この世に生まれてきた目的です。

なのに、なんで、神様の力を借りる必要があるのですか?

神様は、その人が乗り越えられる試練や逆境しか与えません。

神様に助けを求めても、何にもなりません。

問題の答えを聞いてどうしますか?

問題を自分で解くから、実力が付きます。

それに神様だって助けませんよ。

その人が成長するチャンスを奪うことになってしまいます。

試練や逆境と遭遇したら、知恵と体をめいいっぱい使って、自分の力で乗り越えることです。

ここが凄く大事なところです。

そして、少しだけ足りないという時に、神様はちょっとだけ力を貸してくれるものです。

そこを良く理解することです。

神様と繋がりたいと思う人は、ここを間違えている場合が多いと思います。

それと、神様と繋がって、優れた人間になりたいと思うのは、下心むんむんの欲です。

強い欲を持っている人間も、現実的に神様と繋がるのは難しいと思います。

欲に気付いたら、捨てることです。

執着と一緒に捨てることです。

捨てて、捨てて、捨てまくると、神様の流れの一部を感じます。

神様と繋がる神社

そんな神社はありません。

あったら偽物です。

しかし、神社に神様が宿っているのも確かです。

必要に応じてメッセージを送ってきます。

どこの神社なのか?

その神社は人に寄って違います。

欲で神社へ行くのではなく、神様に呼ばれたら行けば良いと思います。

呼ばれる感覚が弱い場合は、「なんだか気になる」、「行ってみたい」という自然な感覚を大事にします。

その感覚もない場合は、氏神様(自分の住んでいる近くの神社)を参拝すると良いと思います。

神様と繋がる神社めぐりについて

神様を現実で感じるようになるには、まず、自分のことは自分でできる人間になることです。

神社を参拝し、お願い事をするなんて厳禁です。

僕は、神社参拝では「いつも有難うございます。」というスタンスです。

そして、無心になって合掌をします。

そういう気持ちで神様の前に立つと、必要に応じてメッセージが入って来たりします。

時には対話になります。

現実レベルで神様を感じます。

まとめ、

自分のことは自分で解決できる人間になる。

神社へ行った時は、感謝し、無心になる。

神様と繋がる神社めぐりの方法があるとすれば、これですかね(^^♪

そして、普段は自分を徹底的に磨くことです。

欲を捨て、心配心を起こさず、自分の魂を磨くことです。

自分磨きをしていると、ある時、声なき声で神様が話しかけてくるかも知れませんよ(^^♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑