顎ポキ、歯の噛み合わせを改善する方法とは?

公開日: 

「とくダネ!」を見ています。

「歯」を噛み合わせる癖について紹介しています。

歯を噛み合わせる時間は、通常1日に20分位だそうです。

それ以上になると、顎ポキの原因になり、顎関節症の危険も伴うといいます。

肩こり、腰痛、頭痛の原因ともなります。

僕も、パソコン作業や運転中など、仕事中に無意識に歯を噛み合わせしまいます。

完全に顎ポキになっています。

顎をゆっくり開いてみると、ポッキと音がします。

果たして対策はあるのか?

付箋に「歯を離せ」を書き、それを見た時に、肩の力を抜きなら息を吐きます。

これで徐々に顎ポキが改善されるそうです。

意識することが重要だそうです。

唇を閉じて歯を離すのも効果があるそうです。

ストレスが多い方、僕もそうですが、歯を喰いしばってしまうことが多いです。

顎のトラブルは、歯の噛み合わせが原因と言われてきましたが、現代医学では歯が触れていることが原因だと分かってきたそうです。

顎ポキの方、100円均一で付箋氏を買って、あちこちに貼りましょう(^^♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑