2016年、恋愛の自由化。本当に自分に合う人を探す時代へ変わった!!

公開日: 

2016年に入り、人々の恋愛観や結婚観が大きく変わり始めました。恋愛の自由化が起きました。本当に自分に合った人を探そうとする人が、どんどん増えています。

2016年以降、本当に自分に合う人を探す恋愛が主になります。

スポンサーリンク

2016年に入り、ゲスの極み乙女の川谷絵音さん、ベッキーさん、宮崎謙介元議員、乙武洋匡さんなどの騒動が話題に挙がりました。テレビを賑わしましたね。今、ちょっと沈静しました。

それらについて、あれこれと言うつもりはありません。当事者ではないと分からないことだらけですし、他人がとやかくいうことではないと思います。

「自分たちの問題は自分たちで解決してー」って感じです。

だた、話題を起こた方々を人間ウォチングするのは賛成です。色々と気付かされます。

僕が注目したい点は、人々の恋愛意識の移り変わりです。先に挙げた出来事を通して、人々の恋愛意識が変わり始めたということです。これは間違いなく、結婚観が大きく変わる前兆だと思います。

昨日も、ある女性と恋愛や結婚について話していました。同じ意見でしたね。こう感じているのは僕だけではない様です。

恋愛や結婚感がどうかわるのか?

本当に自分に合った人を見つけ、その人と生活するようになると思います。

本当に自分に合った人とは、人間として共に修行ができる相手のことです。

試練や逆境を力を合わせて乗り越えて行ける相手のことです。

お金持ちとか、美人とか、社会的地位とか、家柄とか、イケメンとかではなく、心が惹かれあう相手のことです。

絆を結べる相手のことです。

これからの時代、本当に自分に合った相手を探す結婚感に切り替わっていきます。

本物の相手を探し、その人と一緒に生活する時代へシフトしていますね。

それをひしひしと感じる2016年4月です。

自分に合う人の見つけ方

今の時代、「自分に合う人が分からない…」という方が多いと思います。

自分に合う人の見つけ方ってあるのでしょうか?

僕が思うに、パートナーの選択眼は簡単に身に付くものではないと思います。

スポーツや勉強と一緒で、コツコツと積み重ねることです。

自分に合う人の見つける秘訣としては、「共に試練や逆境を乗り越えていくことができる」という基準で相手を探すことだと思います。

そして、出逢いを通して実体験から覚えるしかないと思います。

出逢いのパターンも変わりそうです。

今までは、

出逢い⇒付き合い⇒結婚⇒離婚⇒結婚

でした。

それが、

出逢い⇒付き合い⇒他の出逢い⇒他の付き合い⇒同時進行もあり⇒恋愛体験を重ねる⇒本当に合った相手を見つける⇒結婚

となる気がします。

恋人同士になると独占慾が働き相手を縛ります。

そして、相手に異性の影が見えると嫉妬します。

時代の流れ的には、だんだんとこの感情が薄れて行くようになりますね。

相手を独占して縛ってしまっては、本当の相手を見つけることができません。

男も女も自分に自信があれば、例えパートナーが自分以外の異性に興味を持っても、最終的に自分を選ぶと思えるはずです。

「戻ってくるならいつでもどうぞ。その時に両想いだったら、また、一緒にやりましょう」くらいの気持ちがほしいですね。

また、ライバルが出現すれば、自分磨きをする意識も高まりプラスです。

恋愛が自由化すれば相手も見つけやすくなります。

なので、恋愛相手を縛ることはデメリットばかりです。

もっと自由に恋愛し、本当の自分に合う相手見つける方がお互いにプラスです。

また、今は、結婚し仮面夫婦になる方が多いのが現状です。もっと自由に恋愛をし、一生力を合わせられる人を探した方が良いですよ。

既婚者もそうです。

仮面夫婦と一生続けていても意味ないですよ。

離婚を考えるなら真剣に考え、本当の相手を探す方がよい人生になると思います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑