嵐と涙(42話)のあらすじ【43話ネタバレ】里子が逮捕された…

公開日: 

嵐と涙(42話)のあらすじ

嵐と涙(42話)のあらすじです。

(まきが里子を訪れ…)
まきは、里子に、大造が本物の剛太郎を埋め、剛太郎と雄介をすり替えたなど、真実を全て話し謝罪します。

里子は驚きながらも、まきを許します。そして、自分は春子と暮らす人生を選ぶと言います。

まきは、すみれに真実を話すので、一緒に来て欲しいと頼みます。

(まきとすみれと里子が枝川家で…)
まきが、すみれに、自分が産んだ子供ではないこと、生みの親は里子だと告げます。

すみれは、自分の母はまき一人だと言います。そして、里子に対して、「厄病神、二度と見たくない、出て行け…」と言います。すみれは、実の子よりも春子を優先する里子に不満を持っています。

(剛太郎と宮崎)
剛太郎(雄介)が宮崎工房を訪れます。宮崎は、剛太郎へ実の父と育ての親がいたことを話します。

剛太郎は、すみれが傷付かない道を選びたいと胸の内を明かします。

(岩上)
里子とまきの話を立ち聞きし、取引をしようと枝川会館を訪れます。それを知った里子は、岩上が大造に会うのを阻止します。

(順子の店)
里子は、強引にホテルから春子を連れ出します。そして、順子の店で里子と春子がいると、警察がやって来て、里子は誘拐犯として逮捕されてしまいます。

春子は「お母さんは悪くない」とかばいます。

スポンサーリンク

嵐と涙(42話)の感想

いよいよ大詰め、あと2話です。

里子が逮捕されてしまいました。

43話では、里子の実母が現れ、岩上から結婚を要求されるようです。

物語が激しく動きます。

物語の結末が見えなくなりました。

僕は、剛太郎と里子が元の家族へ戻ると予想しているのですが、どうなるのでしょうか?

今の流れだと、剛太郎、まき、すみれの家族が崩れることはなさそうです。

予想が外れてしまうのか?

とにかく、残り2話を楽しみますよ(^^♪

嵐と涙(43話)の予告

ホテルから春子を強引に連れて帰って来てしまった里子が、岩上の通報により逮捕されてしまいます。

大造が里子と面会します。そして、「10年前の罪は謝って済むものではないが、何でもする覚悟です。どうにかして穴埋めをしたい」と里子に訴えます。

しかし、里子に「罪の唯一の償いは、剛太郎、まき、すみれの3人を幸せにすることだけだ」と告げられます。

里子が釈放されます。そして、大造が会わせたいと言っていた女性と面会することになります。

その女性は、幼い里子と心中しようとして死んだと聞かされていた里子の母親でした。優しく抱きしめてくれる母親に対して、里子は「生きてていいんだよね」と問いかけます。

岩上は、里子に、枝川家の秘密を公にしない条件として、自分と結婚して春子と3人で暮らすことを要求されます。一生自分に服従するのだと言われます。

あまりに無理な話に、その場にいた剛太郎やまきたちは驚愕しますが、里子はその結婚を受けると言い出します……。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑