映画「べヴェレスト」を辻堂の109シネマズ湘南で観ました。感想は?

公開日: 

EVEREST2

岡田准一主演の映画「べヴェレスト~神々の山嶺~」を観ました。

辻堂駅近くのテラスモールにある109シネマズ湘南で観ました。

なぜ、109シネマズ湘南で観たかというと、映画を見て後に江の島で遊ぼうと思ったからです。

日曜9:00~上映を見て、辻堂駅近くでランチし、江の島へ向かいました。映画&湘南の街歩きも良いですよ(^^♪

109シネマズ湘南の情報を載せておきます。

109シネマズ湘南の住所と地図

EVEREST1
■109シネマズ湘南
(JR東海道線「辻堂駅」北口直結)
神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1 Terrace Mall 湘南 4F

■地図

テラスモールの駐車場は、無料なのか?

駐車場約2,500台(商業施設と共用)

映画鑑賞すれば4時間無料です。

映画が2時間くらいなので、ランチをしても、駐車場代がかかりませんでした。

テラスモールには美味しいグルメ沢山あります。

スポンサーリンク

「べヴェレスト~神々の山嶺~」の感想と評価と見所

「そこに山があるから登る」という名言を聞いたことがありますか?

その名言は、ジョージ・マロリーという登山家の言葉です。

ジョージ・マロリーは、1924年にエベレスト登頂を目指しますが、頂上付近で行方不明となります。そして、その後遺体が見つかります。

登頂に成功し遭難したのか?

頂上に到達する前に遭難したのか?

ジョージ・マロリーがエベレスト登頂を果たしたかどうかは不明です。

もし、登頂を果たしていたとすれば、はじめてエベレストの登頂に成功した者の歴史が変わります。

しかし、登頂というのは生きて帰ってこそ、成功と言えるものなのですかね?

登山家によって意見が分かれるところのようです。

映画「べヴェレスト~神々の山嶺~」は、その辺りのことがテーマになっています。

羽生(阿部寛)は登山家です。自己中心的でパートナーのことは考えないと言われる、ちょっと癖のある性格です。

その羽生が、難コースを選んで、条件の悪い中でエベレスト山頂を目指します。歴史的に名を残すためです。

その姿を追うのが日本人カメラマンの深町(岡田准一)です。

「なぜ、山に登るのか?」

羽生は、そこに山があるからではない、俺がいるから登ると言います。

登頂を目指す羽生、その後を追う深町…、

頂上を目指す途中に、天候が悪化し、あることが起きます。

果たして羽生はエベレスト登頂に成功するのか?

生きて帰れるのか?

羽生と深町との関係はどうなっていくのか?

パートナーのことは考えないという自己中心的な性格の羽生が、深町に対してしたことは?

その辺りが見所です。

岡田准一さんの演技は良かったですね。永遠の0を見てファンになりましたが、今回も良かったです。

また、DVDで見るのとは違って映画館で見るのは迫力が違いますね。とくに、「べヴェレスト~神々の山嶺~」の類の映画は迫力が楽しめます。

雄大で厳格なエベレストの映像も沢山楽しめました(^^♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑