転職の迷いを吹き飛ばす秘訣とは?転職、今の会社、どっち?

公開日: 

「転職しようとかどうしょうか?」と迷っているなら、とりあえずやめた方が良いですね。

「迷ったら横に置いておけ!」です。これ凄く有効な手段です。人生で使える技です。

転職だけではなく、恋愛や結婚から買い物まで幅広く使える技です。

僕は迷って行動を起こし、良い結果に繋がったことがありません。「よし!これで行く!」と思えるまで、横に置くことにしています。

それに横に置いて見ると「やっぱり違っていた…。選ばないで良かった…」と思うことも多いですね。

スポンサーリンク

迷ったら横に置いてみることが、どれほど効果があるか?

まずは、買い物で試してみると良いと思います。

普段生活をしていれば「買おうか?やめようか?」と迷う場面があると思います。そんな時は、購入を止め、次回に延期します。購入機会を失うこともありますが、次回欲しかったら購入するようにします。

迷ったら横に置く習慣を始めると、本当に欲しかったもの、不必要だったものの区別が付くようになります。その能力が高まれば、だんだんと直感で瞬時にその場で分かるようになります。

転職は、仕事の本質をもっと追及したいのならOKです!!

話を転職へ戻します。僕は大学を出て某大手の電機メーカーへ就職しました。その後、7回転職をしました。7社経験をすると、色々なものが見えました。その経験から「転職」ついて話します。

「転職をするかどうか?何を基準にきまると上手く行くか?」ということなんですが、その答えは「本質を極まる」だと思います。

自分の仕事に対して真剣に取り組んでいて、「その仕事の本質をもっと追求したい!だから今いるA社ではなくB社へ転職した方がいい」というような決断であれば、転職後も上手くいくと思います。

しかし、給料の問題や人間関係の問題で不満があるという理由で他社へ行くのなら、はっきり言って、止めた方がいいですね。

自分の波動レベルは変わっていないので、同じような環境を引き寄せることになると思います。所と相手を変えて、自分がクリアしないとならない同じ問題を引き寄せるのがオチです。

それだったら、今いる会社で自分の問題をクリアする方が得策です。自分が抱えている「お金の問題」や「人間関係の問題」などに焦点を当てて、今の会社で解決することです。

自分の内側をよく見て「何が悪いのか?」「何が足りないのか?」「何を学ぼうとしているのか?」を明確にすることが問題解決のポイントです。

「上司が悪い」「会社が悪い」「○○が悪い」と自分以外に責任を見つけてはダメです。見つければ、確かに他の悪いところは見つかります。しかし、自分の課題をクリアしてこそ、次のステージへ駒を進めることができます。

自分が次のステージに進むことが目標なのですから、他人の責任にするのではなく、自分がクリアすべきことを明確にし、乗り越えることです。

自分の問題を解決できるとミラクルが起きるかも知れませんよ。「給料が上がる」「昇進する」、「賛同する仲間が現れる」「良い条件の会社から転職の誘いがある」「独立することになった」などです。

それから、自分の道を選べば良いのだと思います。

もし、今、転職で迷っているなら、横に置いてみることです。そして、自分が抱えている課題を明確のすることです。それをクリアすれば、新しいステージが貴方を待っています。これ天職を見つける秘訣です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑