嵐と涙(27話)のあらすじと感想【ネタバレ】雄介の記憶が蘇った?

公開日: 

嵐と涙(27話)のあらすじ

arashinonamida

嵐と涙(27話)のあらすじです。

まきが、血液型の違いから里子と春子が血の繋がった親子でないことを知ります。

まきは、自分とすむれも血の繋がった親子でないことを告げ、同じ悩みを持った者同士で助け合うことを提案します。

しかし、里子は、「そんなことは気休めで、本当の問題解決にはならない」と反論します。

まきは、その言葉を受け入れて「この話はもう蒸し返さない」と言います。

(枝川家での食事会の場面となります)

枝川家が、里子と春子を招待して食事会を開きます。その席で、すみれが春子に歌のリクエストをします。

春子はある童謡を歌います。その歌は、剛太郎が雄介として生きていた頃に、里子がよく歌っていた歌でした。

その歌を聴いた剛太郎の脳裏に、かすかに昔の記憶が浮かびます…。記憶を思い出したわけではありませんが、剛太郎は違和感を感じます。

(大造と剛太郎と照が話をしてます)

一方、大造は枝川流の表舞台から身を引くことを剛太郎に伝えます。枝川流の家元のまきを、剛太郎が理事長として支え、運営することになります。

(順子のスナックで)
宮崎の師匠の久兵衛が、順子のお店で飲んでいます。そして、順子に頼みごとをします。「宮崎のスランプと里子さんとは関係がないので、宮崎工房へ戻って欲しい」と里子へ伝えてほしいというものでした。

スポンサーリンク

嵐と涙(27話)の感想

真実は絶対に曲げることが出来ません。曲げれば、必ず、どこかに歪みが生じます。そして、結果的に、嘘は関係者を気付付けます。

辛いかもしれないけど、全てをオープンにすることが解決への第一歩だと思います。事実を納得した上で、全てを受け入れ、それぞれが自分の道を選ぶべきですよ。

ドラマながら勉強になります。

嵐と涙(28話)のネタバレ

剛太郎の新理事長就任を前に、大造と剛太郎は新聞社の取材を受けます。

すると記者から、剛太郎は結婚する前に10億円の負債を抱えていたことを突き付けられます。

記憶がなく答えに困る剛太郎を見かねて、大造が「もう解決したこと」と話を誤魔化しますが…。

そんな中、順子が里子を枝川家まで訪ねて来ます。

里子は順子へ、まきからすみれが実子でないと明かされたと告げます。すると順子は、剛太郎が雄介だったとしたら、すみれは、里子が10年前に生んだ実子なると里子へ詰め寄ります。

その時、部屋の外でその話を春子が聞いています……。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑