降圧剤を使わず、自分で血圧を下げる方法を紹介します。

公開日: 

高血圧で悩んでいる方必見です。

高血圧を放置しておくと、脳や心臓、腎臓、目などに重大な合併症を招くことがあるのでマジで怖いです。

実は、僕も2回、高血圧治療で町の病院へ行きました。一度目は43歳の時に、健康診断で「心筋梗塞の恐れがある」と診断されました。上が150くらいだったと思います。

2度目が昨年のことです。プライベートで大きなストレスを感じる出来事があり、過度な飲酒が続きました。動悸を感じたので病院へ行きました。この時も上が150くらいでした。

でも、2度とも降圧剤を使用せずに、自分で血圧を下げ、正常値へ戻しました。今は上130前後、下90前後です。

降圧剤は副作用があるのを知っていたので、絶対に使いたくありませんでした。

そのことを医師へ話すと、「なら、少しだけ様子を見ましょう。その間に血圧が下がらなければ、降圧剤を使いましょう。」と言われました。僕は必死こいて、食生活を改善しました。また、軽い運動もしました。

結果、血圧は正常値へ戻りました。

スポンサーリンク

僕が実践した食生活の改善

主な食生活の改善点は次の2つです。

・少食にした(1日2食、腹8分)

・糖質を制限した

僕はこれで高血圧症を克服しました。

食事は、基本的に昼と夜の一日二食です。朝は、青汁のみを飲んでいます。

何を食べているかというと…、

まずは控えているものから紹介します。ご飯、パン、そば、うどん、パスタなどの主食の量を減らしています。半分くらいにしています。

それから、牛肉を控えています。

また、砂糖や甘いもの、清涼飲料水、缶コーヒー、ファーストフード、添加物の多く入っているものは論外です。極力口にしないようにしています。特に、砂糖は色々な料理に使われているので要注意です。

お酒の飲み過ぎもNGです。どうしても飲みたい方は、ノンアルコールビールにしましょう。

減塩はしていません。ただし、塩は精製塩ではなく、天然の塩を使っています。

積極的に食べているのが、鶏肉、サケ、魚介類、藻類、野菜などです。ただし、お芋系は控えています。

これを続けていると血圧が面白いように下がります。

高血圧の要因は色々あると思いますが、食生活を改善するの必須だと思います。高血圧で悩んでいる方、まずは、食生活を見直してみることです。糖質制限が鍵だと思います。

「主食(ごはん)を食べないと元気がでない」という常識から疑ってみましょう。

※高血圧に関しては、父が降圧剤の副作用で苦しんだし、「減塩」というような間違った情報が氾濫しているし、僕が知っていることを今後もブログで紹介しようと思いっています。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑