白髪染めやヘアカラーの危険性をご存知ですか?アレルギーに要注意

公開日: 

白髪染めで、顔が赤く腫れ上がる…

「ストレスが白髪が増えた…。みっともないから染めよう…」と思うも、ちょっと待ったです。

白髪染めや茶髪にするヘアカラーに含まれる成分が原因で、アレルギーなど皮膚障害を起こした事例が多く消費者庁に報告されています。

ヘアカラー剤に含まれる成分、パラフェニレンジアミンが、アレルギー反応が起こす場合があります。

都内の50代の女性は、白髪染めを使った翌日に、顔が赤く腫れ上がったと言います。

数年前から髪を染めた時に、皮膚のかゆみなどの症状を感じていたそうです。しかし、市販薬で症状が落ち着くため、毛染めを続けたいました。

ところが、この時は、顔が赤く腫れ上がり、目も開けられないほどになったと言います。

慌てて、病院へ行ったところ、「ヘアカラー剤によるアレルギー」と診断されました。

白い髪が簡単に黒くなるので、僕も手軽に白髪染めを使ってしまいますが、怖いですよねー。

とくに、頭皮に傷口がある場合は要注意です。ヘアカラーの成分が皮膚に浸透してアレルギーが起きやすくなります。

主な症状は、皮膚の痛みやかゆみで、翌日に出ることが多いそうです。重症化すると、ステロイド剤の内服や塗り薬での治療が必要となり、点滴治療のために入院する場合もあります。

また、若い頃から使っているなど使用期間が長いと、アレルギーリスクが高まります。本当に怖いです。

危険回避の対策は?サプリメントもあり!!

アレルギーを予防するには、セルフテストが有効です。

白髪染めなどのヘアカラーを使用する前に、薬剤を皮膚に塗って反応するかどうかを調べる方法です。染毛剤の一部を腕などの内側に塗って、赤みやかぶれの症状が出ないかを調べます。

面倒でもセルフテストを省かないことです。

私は、この話を聞いて白髪染めを使う回数を減らしました。アレルギー症状を起こしてからでは遅いですからね。

白髪染めをした翌日に、顔が赤く腫れ上がっていたら、仕事にも行けませんよ…。

それから、白髪を増やさないために白髪改善サプリも試しています。髪は体の内側から生えて来ます。体調を整えることで白髪防止します。

白髪改善サプリ⇒白髪予防にミレットアップ

ミレットアップ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑