洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

【ネタバレ注意】別れたら好きな人(フジテレビ昼ドラ) 35話 感想

   

11月16日、フジテレビ昼ドラ「別れたら好きな人(35話)」のネタバレです。二郎は咲のことを諦めモードです。

咲は二郎の前で、キャプテンに「前向きに考えます」とプロポーズの返事します。

この二人の行方は、どうなるのでしょうか?

<<別れたら好きな人(35話)のあらすじと感想>>

前回(34話)、二郎(綾部祐二)は咲(白石美帆)の前で、めぐみ(秋元才加)との離婚届けを破りました。そして、咲へのプロポーズを撤回しました。二人はタイミングが超~ズレズレです…。

そのズレズレのタイミングでキャプテン(山口智充)が咲へプロポーズしました。

咲と結ばれるのは、二郎なのかキャプテンなのか?

 

さて、35話です。

二郎は、キャプテンが咲にプロポーズしたことを知り、男としての自信を失ってしまいます。

「キャプテンは男気があるし、それに比べ、僕は給料も安い…。咲に相応しいのはキャプテンだ…」とマイナス思考の塊のようになってしまいます。

姉の市子やチュンが自信を持つように言いますが、まったく駄目です。何を言っても駄目…。

そして、バーシャコンヌで、二郎とキャプテンが話をしていると、そこへ咲が入ってきます。

二郎は、めぐみを選んだ理由を咲に話し、咲とのことは完全に諦めムードです。


「キャプテンと幸せになってほしい」とまで言ってしまいます。

それを聞いて、咲は二郎の前で、キャプテンに「前向きに考えます」と返事します。

35話はここまで。

果たして、この先どうなるのでしょうか?

第36話のタイトルは「元妻と今妻の直接対決」です。

 

二郎とキャプテンの対決は、完全にキャプテン有利です。

男として二郎を応援したくなりますが、キャプテンは男気あるし、頼りがいもあるしな~。

「二郎なんとか頑張っておくれー」という感じです。

恋愛は自分らしくが基本です。二郎も咲もそれを忘れていますね。

自分の本心をそのまま出せば良いのに、「あーだ、こーだ」と自分に偽ります。これでは苦しくなるだけです。

理由を付けて自分を納得させる恋愛は最悪です。

よく分からない意地を捨てて、素直になることですよ。

好きなら好きと堂々と態度で示す、男も女もこれ大事です。

そうすれば男女のボタンの掛け間違いをしなくて済みます。

本当に想う人以外と暮らす結婚生活ほど苦痛なものはありません。

素直になること、そして、自分の本当の気持ちを相手に伝える勇気を持つことが幸せなる秘訣だと思います。

この昼ドラ、妙に恋愛の勉強になります。ただのドラマじゃないですね(^^♪

明日の放送が楽しみです!

スポンサーリンク




 - テレビ&エンタメ