清原和博の心の闇、お金と栄光が心に闇を生んだのか?

公開日: 

今日もニースでは清原和博さんの逮捕関連の話題が多いですね。

清原和博さんの高校時代、西武時代、巨人時代、オリックス時代、そして、引退後と、色々なエピソードが出来てきます。

今までの清原和博さんのイメージと言えば、「番長」、そして、「大成功者」でした。

僕も「誰もが憧れる人生を歩んでいる」というイメージを持っていました。

しかし、真実は、意外に違うようです。

多額のお金(年棒の総額は50億円を超える)を手にして、栄光を手にしても、幸せにはなれないということですよね。

もっと言えば、心の闇を抱えたままでは、幸せになれないことだと思います。

人生で大事なのは、心の闇を掃除して、本当の自分を生きることなのだと思います。

生きていると、「お金」や「成功」をつい追いかけてしまいますが、

きっと、

その先には、

何もないのだと思います。

それどころか、お金と栄光を追うことは、心の闇を生むことなのだと思います。

本当の幸せとは、自分の中にしかないのだとも思います。

外に何かを求めて駄目です。

心を洗って、自分の内側の声を聞いて、本当の自分のまま生きる人生が、一番幸せなのだと思いました。

清原和博さんのニュースは、まだ、当分続きそうです。

これからも色々な真実が出てくるのだと思います。

専門家の話では、復帰はかなり難しいそうです。

しかし、前を見て、頑張ってほしいと思います。

僕らは、清原和博さんを反面教師として学び、将来に活かすしかないですよ。

幸せは、自分の外側にあるのではなく、内側にあります(^ ^)

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑