嵐と涙(3話)のあらすじと感想。最終回の結末を予想してみました。

公開日: 

嵐と涙(3話)のあらすじ

arashinonamida
嵐と涙(3話)のあらすじです。

バーベキューに参加した里子は、順子の息子と会います。息子は、「お母さんが男から暴力を受けて…」と泣きながら話します。

里子は、娘春子を夫雄介に預け、順子の家へ向かいます。

男がワメいて暴力を振るおうとするところに、警察が駆けつけます。

順子は、子供の前で、夫が警察に逮捕されることになり、逆に荒れます。

順子は、里子へ向かって「幸せに浮かれている里子には、どん底の私たちの気持ちは分からない」と一蹴します。

里子がバーベキューへ戻ると、河原は大変な事態になっています。

ゲリラ豪雨が発生し、雄介と春子がいた場所が濁流にのまれています。

教師の菅井と児童は救出されましたが、雄介と春子に姿がありません。鉄砲水に流されてしまいました。救出も打ち切りです。

同じ頃、東京。

枝川大造は娘まきの婿養子となる剛太郎と会います。しかし、剛太郎はとんでもない悪い男でした。

財産を全て失い、多額の借金まであります。剛太郎は、大造に、借金を払ってくれるなら、まきと結婚しても良いと交渉をしてきました。

さらに、「まきを幸せにすることはできない、あくまでも金のためだ」とまで言います。

大造は頭にきて、剛太郎ともみ合いになります。そして、もみ合っているうちに、ちょっとした拍子に大造が自ら倒れて、頭を石にぶつけてしまいます。そして、そのまま…、逝ってしまいます。

大造は「警察に言っても信じて貰えない」と思い、剛太郎を山中に埋めてしまいます。

スポンサーリンク

3話の感想と嵐の涙の結末の予想

昼ドラ特有の普通だったら考えにくい偶然が起きています。これぞ、昼ドラです。

前作の「新牡丹と薔薇」もそうでしたが、馬鹿馬鹿しい偶然が起きるので、ドロドロした人間ドラマが生まれます。

「嵐の涙」には、果たしてどんなドラマが待っているのでしょうか?

予想は?

夫雄介が枝川まきを愛してしまうのでしょう?

そして、里子は、「本当の妻は私…」と雄介に訴える展開が考えられます。

しかし、雄介はまきを選んでしまう…。

夫婦愛を感じ、さらに、目の不自由なまきを見捨てるわけがありません。

そうしたら、記録が戻ったりして…。

「嵐と涙」の展開はこんな感じですかね?

4話の予告とネタバレ

枝川大造は、雄介が記憶喪失になったことを利用して、剛太郎にしてしまいます。そして、婚約者として、まきに紹介します。

何も思い出せない剛太郎は、「こんな自分でも受け入れてくれるのか」と涙を流します。

一方、里子は、夫と娘が生きていることも、他人と入れ替えられていることも知らずに、「なぜ、里子だけが助かったか?」と義母の弘江に責められます。

さらに、小学校から、事故の責任は里子にあると、責任を擦り付けられます。義父の壮一だけが里子の味方をします。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑