嵐の涙(1話)のあらすじと感想【2話のネタバレ】

公開日: 

嵐の涙(1話)のあらすじ

arashinonamida
嵐の涙(1話)のあらすじです。

2006年秋、小学校教師の石原里子(佐藤江梨子)は、出産を終え、幸せに暮らしています。

夫は、同じ小学校で美術を教えながら画家を目指す雄介(宅間孝行)です。

生まれたばかりの一人娘の春子、養父母の壮一(柄本明)、弘江(岡まゆみ)とともに、ささやかながらも幸せな生活をおくっています。

夫は極度なスランプで絵が描けなくなっています。休んでばかりいられないと、1年間の産休を終え、里子は、学校へ出勤します。

学校に、孤独な子供時代を施設で過ごした親友の順子の息子だと思われる1年生の児童がいることを知ります。その家を訪ねます。

家を訪ねると、玄関に出てきたのは、紛れもなく、親友の順子(宮地真緒)でした。

ところが…、里子が順子に抱きつくと「あんた誰?」と冷たい態度であしらわれます。

同じ頃、名古屋。

枝川大造(竜雷太)の茶道の賞の受賞式が行われています。大造は、門下3万人を越える一大流派の家元です、

大造には、娘のまき(遠藤久美子)がいます。まきは目が不自由で子供が産めません。

大造は、「自分が8年前に起こしてしまった事故で、まきの目から光を奪い、子供を産めない体にしてしまった」と悩み、娘の幸せのためならなんでもすると決意しています。

受賞式の後、大造は、自宅で、まきの将来のことで悩んでいる心境を秘書の照に打ち明けます。

そして、まきの部屋へ行き、藤塚剛太郎(土屋裕一)との縁談を勧めます。まきは縁談を受けることにします。

スポンサーリンク

嵐の涙(1話)の感想

東海テレビの最後の昼ドラ「嵐の涙」が2月1日よりスタートしました。主演は石原里子(佐藤江梨子)です。

どんな内容のドラマになるのか?

不運なゲリラ豪雨による浸水被害で夫と娘と生き別れになった里子が、周囲のパッシングを受けながらも、親子や家族との絆を深め、幸せを追求していく物語です。

第1話は、登場人物の紹介って感じですね。里子が夫と娘と生き別れになる前(10年前)の暮らしが紹介されました。

2話以降で、里子は、自然災害に合い、夫の娘と生き別れ、他人の子供を実子として育てるようになるのでしょう。夫は記憶喪失になり、その後、枝川まきと夫婦関係に?そこに拗れた人間ドラマがあるのでしょう?

どんな夫婦愛や親子愛が描かれるのか?そこが見ものです(^^♪

孤独な子供時代を施設で過ごした親友の順子との人間ドラマにも注目です。

嵐と涙(2話)の予告とネタバレ

里子が順子の家を訪れると「あんた誰?」と冷たくあしらわれました。

さらに、その夜、順子が男を連れて「青春を返せ、1000万円を払え」と押しかけてきます。

里子はさみしい思いをし、順子を心配します。

夫の予感が当たります。

順子は同居中の男に繰り返し暴力を振るわれていました。

順子は警察に相談することを考えますが、順子から「男には借りがある、今の自分は案外幸せだ」と告げられ戸惑います。

里子と順子は、本当に辛い時にはお互いに助け合うという、子供の頃に決めた”幸せの誓い”を再確認します。

一方、名古屋の茶道枝川家。

大造の娘まきの結婚が決めようとしています。

大造は「娘に笑顔が戻った」と喜びます。

婿養子となる剛太郎(土屋裕一)と、その娘のすみれに会いに東京へ行くことになります。

まきも、諦めていた妻として、母としての生活が始まることに心を躍らせます。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑